カテゴリー「仕掛けの自作」の記事

2013年11月10日 (日)

オモリの自作

今週から寒くなるみたいですねぇ~(´・ω・`)ショボーンcatface

今日も雨です。(oノД`o)ハァ…。wobbly

未だPOKEBOの復活も見込めません。_| ̄|○ガックシ...weep

こんな時は何をすればと考えた末に……(*´ゝ∀・)ノガンバ!!despair

もしも万が一、POKEBOが復活したらもっと深場で“アカムツ”を……┐(´д`)┌ヤレヤレ
などとあり得もしない妄想を掻き立てて、使う事もなかろうに120号の小田原型オモリを自作してみる事にしました。




017_4


作業手順その①: 型枠用の泥粘土を小田原オモリ120号が収まるくらいの大きさに形を整える。

018_2


その② 型取り用の120号のオモリをサランラップで包む。

その③  サランラップで包んだオモリをサルカンを付ける金具を下に泥粘土の中に押し込む。

その④ ゆっくり引き抜くとポッカリ穴が開きます。

020_2


その⑤ ステンレスの針金を2cmぐらいにカットしそれをピンセットでつまみポッカリと空いた穴の底へ埋め込みます。

021

その⑥ 外へ持って行き、鉛をフライパンで熱します。(※ 立ち位置は風上へ)
今回も使いもしないガン玉やオモリがあったのでフライパンへ放り込みましたが、程々にした方が良さそうです。
フライパンの取っ手が重さに耐えかね“グニャリ”と曲がりそうでした。

023


その⑦ 溶けた鉛をポッカリと空いた泥粘土の中へ入れます。
(※ ちゃんと手袋してます。
余談ですがその昔、古代ローマ人は鉛の器でワインを飲みバッタバッタと倒れまくったそうです。)

その⑧ 鉛の融点は327.5℃なのですぐに溶けますが逆に常温ではすぐに固まりますので1分ぐらいで粘土から取り出します。

025


その⑩ 出来あがったのがこれ!
本家とは似ても似つかない形になっちまいました。
型抜きの際、どうしても型が広がってしまうので次回からは二周り程小さいオモリを型取り用に使う事にします。

今回は仕方ないので成形に時間かけて完成させるしかありませんが取り出した際の重量712g、これを450g(3.75g/×120)まで落とさなくてはなりません。

コツとしてはカッターでカッティングしてからヤスリで削る!只々それの繰り返し。

Dscf0001


一心不乱死体でやれば意外と早くできましたね。

今回初めての挑戦だったので無駄な労力を要しましたが手っ取り早く作るのなら80号あたりのオモリに上部を粘土で囲って不足分の40号分を流し込めば良い訳で…

私は妄想と暇つぶしと家でゴロゴロ廃棄物扱いの使わない“オモリ”を不憫に思いリサイクルしてるだけです。

通販見てみると120号が440円してますからね。
オモリはタカが消耗品と云われる方もいらっしゃいますが我々貧困層にはバカにならない品物なのですthink

ついでにポチッとお願い↓

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

11月8日午後、昭和の大スター 島倉千代子さんが亡くなられました。
小学生の頃毎日TVで観てた気がするほど東京だよおっ母さんは脳裏に焼き付いております。
御冥福をお祈りいたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月 4日 (日)

ひとつテンヤを作ってみた!

別段、釣行するのも暑いし、最近になって勤務時間も替わった事から今ひとつ釣行する気にもなれないので暇つぶしにひとつテンヤを作ってみました。note

以前、鉛を溶かして自作した豆テンヤがあったのと、釣果と反比例してロストが続いた事からストックを確保するために今日はそれらを完成させる事にします。

鉛からの豆テンヤの作成は前回を参照下さいませ。

001


今日は異物な形をした豆テンヤをヤスリで成形して三角錐の形にする事から開始
今回はボーナスをもらった事だし新たに○○マに行って新しいヤスリを1,180円で購入いたしました。

002


次にそれっぽくなったら親針と孫針を通してハンマーで叩いて完成。

ねっ!簡単でしょう?smile

ついでにポチッとお願い↓

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

QueenBohemia Rhapsody 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

一つテンヤの自作

以前よりうpすると云って未だにしていなかった一つテンヤの自作を今回ようやくうpする事にいたします。

まずは”豆テンヤ”を鉛で作成する工程から御説明いたします。

作業① 型取り用に使う豆テンヤを釣り具屋さんで御好みで買って来る。今回は大きいテンヤを作りたいので12号を購入。

Photo 作業② 型取り用の豆テンヤをサランラップで包み型取り用の粘土へ押し込む。
※  好みで大きさをこの際決めます。もっと大きい物が欲しければ”グリグリ”しちゃえば良いわけです。

Photo_2 作業③ ポッカリ空いた穴へ溶けた鉛を流し込む。
※ 必ず野外で手袋もして下さい。

Photo_3作業④ 出来あがったのが画像の通りです。
この後はヤスリとグラインダーなどで好みに応じて形を整える。
私の場合は適当。


006

作業⑤ 豆テンヤに針を通す穴を空ける。 100円SHOPで買って来た3.3mmのドリルで空ければ簡単に空きます。

作業⑥005 次にテンヤ針の作成にはいります。
準備するものとして”親テンヤ針18号L”、”天びん仕掛け 便利糸 赤8号、”ステンサルカン8号”

002_2 作業⑦ 画像の通りになる訳ですが作業は簡単。
適当な針に外掛け本結びで結びます。
次にステンサルカン8号に約2センチに切った便利糸8号と通します。
そしてそれらを束ねミシン糸でグルグル巻きにして伝家の宝刀”瞬間接着剤”で固めるだけです。

003 作業⑧ 出来たテンヤ針一式を豆テンヤに入れ(簡単に入ります)ハンマーで叩きます。
1回目で位置決めを、2回目と3回目で完全に潰します。

好みに応じて深場用の豆テンヤも作る事もできますよ。
釣れるかどうかは自己責任でお願いいたします。
私の過去の実績としてはキジハタとワニゴチが釣れました。
御暇な方はどうぞ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月13日 (水)

サビキの自作(エダスの結び方)

前回はサバ皮を使った”なんちゃってサビキ”のエダスを作成いたしましたが今回はそのエダスの出し方(結び方)を御紹介いたします。(=゚ω゚)ノ o(_ _)oペコッnote

と云っても自作される方なら「あったり前田のクラッカー」なのでしょうが小生が自作を始めた頃は「市販のサビキは、なぜ?エダスが首を垂れた様に出来ているのか?」と摩訶不思議に思ったものでありました。
今回はその回顧録でございます。think

作業手順dash① まず前回作成したエダスと幹糸(青)を平行に持ちます。Photosweat02

② 次にその2本の真ん中を持ち3回程度ひねります。
※  持つ位置でエダスの長さを調整します。eye
Photo_2

③ 次に出来た輪の中に幹糸の端とエダスの先端(針)を通す。
Photo_3

④ そして輪からでたエダス(針側)と幹糸の端を引っ張るのですが、ポイントは左手はしっかりとエダスの端と幹糸の反対側を握っている事。
Photo_4

⑤ そして完成したものがこれ(*^ー゚)bグッジョブ!!
Photo_5









重要Point’s<気をつけなければならないのが2本目からのエダスを作る際、エダスを添える向きは針を右側に、そして輪の中に通す幹糸の端っこは長く残っている方を通すと云う事をお忘れなく。
もし間違えば2本目から通さなくてはならないのは今作ったエダスを輪の中へ通す羽目になります。

3本目を通すとなれば結び終えた1番目と2番目を輪の中に通さなくてはならないと云う羽目になります。
4本目、5本目となれば・・・云わなくてもわかりますねぇ。
もう、ここまで来れば究極の業が必要になって来ます。
小生、こんなドジは初期の頃良くありましたが今もやっぱりあります。

何れにせよ変幻自在のMyサビキを自作している時間は「あんな事や!こんな事や!」ありもしない妄想が出来て実に楽しいものです。

P.Y.G花・太陽・雨

この曲、”知る人ぞ知る”昭和の隠れた名曲なのですが、このせつない旋律が子供の頃”帰ってきたウルトラマン”第34話「許されざるいのち」劇中歌として使われ泣いて観たのを今でも良く覚えております。(´;ω;`)ウウ・・・


ついでにポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年9月25日 (土)

サビキの自作

今週に入ってからの富山の天気は強風・高波警報が発令され、いつぞやの台風typhoonよりも強烈な風(14m~18m)が富山湾に吹き込み大時化となっています。Σ(゚д゚lll)アブナッ !

こんな時は仕掛け作りに精を出し暇つぶしでもいたしましょうよ。good

てな訳で今回はミドリのサバ皮サビキが無くなったので適当に作っちゃいました。coldsweats01

100818 【製作工程】
針に糸を結ぶ → フラッシャーとサバ皮と結んだ針を三つ巴に持ちウイリー糸でグルグル巻きにし適当な所でカットして伝家の宝刀”瞬間接着剤を一滴垂らす → これを必要な枝ス分繰り返し、乾燥させるだけ。

本来の工法は針に糸を結ぶ際、フラッシャーとサバ皮も一緒に括り付けるのが正攻法なのですが、これは何回やっても不器用な小生では無理!

キィーpout」となり度々官爵を起こしてしまいますので、今は瞬間接着剤で固定する方法を取っております。

しかしこの”なんちゃってサビキ”市販の物となんら変わり無くfish釣れます。

自分で作れば安上がり、エダスの長さも自由自在。

どんな外道だろうがMyサビキで釣れれば嬉しいものです。(*^ー゚)bグッジョブ!!

Styx - Blue Collar Man 

気が向いたらまたポチッとお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月31日 (月)

タイカブラ(タイラバ)の自作・・・・其の参(完成です)

永らくのお付合いありがとうございます☆⌒(*^-°)v Thanks!!wink
今回で何とか完成いたしますので今暫く御付合いの程宜しくお願いいたします。smile

と云う事でようやくヘッドの型へ解けた鉛を流し込む作業へ入ります。

050
注入口へ鉛を注ぐと飛び散りますから長袖と軍手は絶対条件です。火傷には細心の注意をはらいましょうι(´Д`υ)アセアセsweat01


鉛を注ぎ込んだ直後の画像です。

直後に鉛は固まってしまうので、さほど待たなくとも型からヘッドを取り出せます。(泥粘土は直ぐにタッパーへ水を少し入れ保管します)さてさてどうなったでしょう~かlovely
051_2 
あんれ~??何じゃこりゃ??」デカイたこ焼きみたいな異物が出来上がってしまいました。
これは完全な失敗作です。

反省点は”グリグリ”を必要以上にやり過ぎてしまった事なのですが最初に述べた通り、これには経験と勘が必要です。まぁ笑って作り直すしかありませんねヾ(o´▽`)ノギャハハ♪ヾ(o´▽`)ノ┌┛☆ドンドン!!

本来ならまた溶かしてやり直すのですが今回はブログ公開達成記念タイカブラなのでこのまま作業を続行する事にいたします。

052 型抜きをしたヘッドの体裁を整える為はみ出した箇所をニッパで切り取った後はヤスリで削るべし!只ひたすら削るのです!

グラインダーで一気にやってしまえば早いのは当然至極ですが削り落とした鉛の粉末は次に使用できるので、ここは面倒でも出てくる削りカスは全て回収しフライパンへ戻します。リサイクルしましょうよwink




057
←ようやく削り終わった画像ですが重量を測ったら何と190グラムもありました。
鉛のタイカブラですとMAX25号(90グラム)辺りまでしかありませんから規格外の50号のタイカブラ・ヘッドの誕生と云う事になります。(´つω・`)シュン

でかいタイカブラにはでかい魚が釣れる筈だと信じ込ませ、このまま作業を続けます。
誰か欲しい人いませんか~ハァ~sad

Photo_2 次に出来上がったデカ・カブラの塗装になるわけですが小生の場合、これまた適当!
下地はH・Cでラッカースプレーの赤を230円で購入しそれを吹き付け仕上は100円SHOPで購入してきたマニキュアで目を書き、後はその時の気分次第で適当にアクセントを入れたりしています。



003_2 そして、いよいよ仕上に入ります。
まずアシスト・フックはムツ針16号(太地)を内掛け本結びでジギング用ハリス”ガリス シーハンター100lb”で作成。
しかし、これは太すぎました。
一言付け加えるなら経時変化に意外と弱い!
昨年ご紹介した”秋の幸をで「タイカブラがぶっ飛んだ!」とありますが検証した結果、針が外れたのでは無くハリスが千切れていました。短いSPANでの定期交換がお勧めです。

次にストックしておいたラバースカートを穿かせネクタイを締めます

組み付けは冒頭でご紹介したゴム・チューブを1㎝程カットしておき後は皆さん御承知の通りの方法で組み付けます。

そうして完成したのがこれ↓066_2
190グラムのタイカブラで何釣んがよ?」と問われれば「大は小を兼ねんがよ(# ゚Д゚) ムッカー」と訳の分からん答えを笑って言い返すしかありません。

因みに小生このデカ・カブラを釣行時2回ほど使用してみましたが未だに何の魚信もありません。
錘号数50号である事から次回からは胴付き仕掛けの錘として使用してみようかと考えておりますが、いやはや、どうなる事やら・・・

間違って釣果があればご報告いたします。
この度は永らくの御閲覧ありがとうございました☆⌒(*^-°)v Thanks!!
またポッチとお願いしますゴメン(o´゜ω`)*`゚∀´)o`゚ω´)b゙ネッ

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

タイ カブラ(タイ ラバ)の自作・・・其の弐

さてさて前回も申し上げた通り”型取り”が一番のポイントであり難題なのでありますが小生も何かしら妙案が無いものかと長らく試行錯誤いたしました。

そしてその結果と云うかその挙句に「遂に発見!」040_3

それは何と!薬箱に入っていた某メーカーの”かゆみ止め液”の”フタcoldsweats01

「他に無かったのか?」と思われるやも知れませんが、何故かしらこのフタの曲線美に目を惹かれ試しに使ってみた所「オッ!良いじゃん
それを真っ二つに分けた型取り粘土にそれぞれ”グリグリ”押し込みます。




043_2

この時のグリグリするさじ加減が微妙で小生も1年ぶりに今回行ったが為そのさじ加減がサッパリ分かりません。

まぁ、失敗したらまた作り直せば良いのですからお気楽に行きましょうnotes

そして次の作業としてタイカブラに取付けるフック×2個をステンレス製の針金から切り取り適当な形に折り曲げます。


044

そしてその2個を画像の通りSETいたします。



046
次に型取り粘土のもう一方へ鉛を注ぎ込む為の注入口を開けます。
中側から外に向かって割り箸などを使い”グリグリ”とパックリ口を開くように押し広げて開けます。




045 そしてそれを崩れない様に”そ~と”持ち一方の型にかぶせます。

位置ズレが発生いたしますので小生の場合、目印を付けて対処しておりますがそれでもズレます。
ズレちゃった場合は仕方が無いので後で削って体裁を整えるしか無いですbleah

次にようやくガスコンロを野外に持ち出し鉛の溶解に取り掛かるわけですが、これは大変危険なので絶対に”野外”で行います。danger

※ 鉛の中毒症状についてdanger
(1)血液障害・・・・・貧血になります。症状が重いと鉛蒼白(そうはく)とよばれるように顔色が青白くなります
(2)消化器障害・・・・・食欲減退、食後胃部不快感、便秘や下痢があります。
(3)神経障害・・・・・末梢(まっしょう)神経障害として、初期には筋肉痛、関節痛、筋力低下、更に進行すると両手先が幽霊のように下がる伸筋麻痺の症状がみられる。中枢神経障害としては、鉛脳症がおこります。これはとくに幼児に多くみられ、持続する嘔吐、昏睡、けいれん発作がおこり、致命率は高い。また、回復しても後遺症が残ります。
くれぐれもお子さんには錘などは触らせ無いよう注意して下さい。

以上の事柄を踏まえて小生は必ず野外で行い、位置する場所は常に風上で、そして必ずゴム手袋をして作業しています。coldsweats02

047 さて本題の鉛の溶解作業に移るわけですが、準備するものとして・・・

① フライパン・・・100円SHOPで購入。
② テコ・・・・・・100円SHOPで購入。(お好み焼きをひっくり返すヘラ)
③ 使わなくなったガスコンロ(焚火がてら炭火で熱すると完成度を増すかもしれません(´,_ゝ`)プッ

④ 錘(鉛)・・・・・アングラーの方なら家中を探せば使いもしない錘がゴロゴロしていると思います。
そんな錘をかき集めタイカブラにリサイクルいたします(*^ー゚)bグッジョブ!!

それでは熱したフライパンに錘を放り込み待つ事約10分。
徐々に錘が溶解し出します。
鉛の溶点は400度ですからバーナーで直接溶かすと云うやり方もありますがこれはチョッと危険!そんなリスクなど背負い込む事も無いのででマッタ~リとやりましょう。

049
完全に溶けてしまったらテコを使って表面の不純物を取り除き、更に底にある錘のフックなどを掬い取ります。

そして型へ流し込む作業に入る訳ですが、それにしてもまた長くなってしまいました。コマッタ(´'因'`)コマッタネ
紙面の都合上今回はこれまで!次回、完結しますのでまた見て下さいね(TωT)ノ~~~ バイバイ

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

タイ カブラ(タイ ラバ)の自作・・・其の壱

以前から度々申し上げている通り小生の使っているタイ・カブラは自作したものであります。
初期の頃は市販の物を購入していましたが「何せ、高い!」フンガーdash
某メーカーでは1個当たり1,300円もする高価な代物であり、それが海の藻屑となった日には目が当てられません。

それは、お前がヘタだからだ!」と云われる御仁もいらしゃるかと思います。
が!しかし!1,300円を糸の先に垂らし海の底へ落とす勇気など小生にはある訳がございません。<(_ _)>ゴメンナサイ
そういう事だから、いつまで経ってもお前は釣れんのだ!」とまたまたお叱りを頂戴するやも知れませんが、小生の稼ぎでこの御時世にそんな事を出来る訳がございません。( ´,_ゝ`)ハイハイ
まぁ~宝くじでも当たれば○○○屋のタイカブラのコーナー一角をまとめて買占め、針先に1万円札でもぶら下げて真鯛ををGET!して見たいとは思いますが、それまでは今の何ちゃって!タイ・カブラで我慢するしかないのが現実なのです!。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシクweep

と云う事で今回は”何ちゃってタイ・カブラ”の製作ドキュメントを公開いたしたいと思いま~す・゚・(´∀`*)σ゚・・。ニャハハハ (´ノ∀`)・・・ウケタ

しかし「お前なぁ!そんなんで釣れるんかよ?」と疑問に思われるのがまともな御仁でありますsign01
小生も最初、鉛の塊にヒラヒラが付いた摩訶不思議な物体にお魚が騙されてくれるものなのか半信半疑ではありました。
しかし、初めて試したその日の実績が”キジハタ=3尾、ホウボウ=1尾”と小生などのヘタレ・アングラーにとっては驚きの釣果となったであります。happy01
(もっとも友人の操船が良いからに他ならないのですが・・・まぁまぁ~それはこの際こっちに置いといてヾ(´ε`*)ゝ エヘヘ(coldsweats01

いつもの通り能書きが長くなってしまいましたが、それでは実作業開始いたします。

まず準備するものとしてPhoto
泥粘土(100均で購入。紙粘土でも良いとは思いますが末永く使用する為と扱い易さから私は泥粘土派) 
ステンレス製針金(太さは1m弱。要するに適当)
ゴムホース(H/Cで数十円で購入。多分?5Φだったと思います。これも適当 happy02

次に型となる泥粘土をこねまくり適当な四角形の形にいたします。

02_2

それを今度は真ん中で切断して二つに分離させます。

やり方は陶芸家が作品を”ろくろ”から切り離す作業をイメージして下さい。

まずナイロン糸1号の両端に”サルカン”を結び(何故って?小生の老眼では糸の両端が見えないからに決まっているでしょう。要するに目印)
それを四角形状にした泥粘土の側面から一回り巻きつけ”必殺仕事人の秀”の如く一気に締め上げます。 ジャジャーン(angry

042

そして真っ二つになった双方の泥粘土へタイカブラの型を取る作業になる訳なのですが、これが一番の問題です。
これはハッキリ云って”勘”に頼るしかありません。
今回、小生も1年振りに作業したため肝心要の勘所を忘れてしまってます。
失敗したらゴメンナサイ↓ドーモ(。人・д・。)(。_ ω _。)スイマセン↓

さてさて、それではどうやって型を取るかの説明なのですが・・・
どうも話が長くなりすぎてしまいました。
この続きはまた次回へと云う事でご勘弁下さい。あ~シンドsad

ランキング参加中で~す。ポチっとお願いしますcoldsweats02

にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

DIY | その他 | マイ・ボート | 仕掛けの自作 | 艤装 | 釣り