« H2O+CnH2n+2と運動量の法則の検証 | トップページ | ひとつテンヤを作ってみた! »

2013年7月22日 (月)

悲惨な釣行

本年度2回目の釣行を決行いたしました。happy01

いつものスロープはお初のミニボートの方で結構な賑わいを見せておりますが、帰港時になると海水浴客の皆様でごった返してしまい、満杯になった駐車場では片づけスペースが確保できない事から、ここは諦めて〇×△漁港へ移動します。sweat01

ボートを組立ていると久しぶりに拝見するトレーラブラーが駐車場へ入ってきました。
そのお顔はと云うと…新港の“J・スパロウ”こと“ぶんぶん丸船長”でありました。
昨年11月以来お顔を拝見しておりませんが、妙にお若く見えるのは何故なんでしょうか……(・∀・)ニヤニヤ
今日はキスの生育を調査しに行かれるとの事ですが、先日まで鱈を釣っておられたかと思いきや今はキス。
大中小と幅広いターゲットがこの方の魅力なのです。smile

Ap7214253


さて、ここからが本題。

それでは何が“悲惨”なのか??

Img_0011_3


その① このクソ暑い最中、1時頃まで親子で浮かんで釣れたのがミニハタとちびメバル。
まぁ、ここまでは良くある事ですので許せます。(ゲッターさん親子とエライ違い)

その②として次に中深場でアマダイでも釣ろうかと電動リールを使ってみるとON/OFFの繰り返し。~(°°;)))オロオロ(((;°°)~
80mなど手巻きで出来る訳などありません。すぐさま諦め浅場へ逆戻り
試しに息子一人に使わせるとON/OFFの頻度が少ない事からするとバッテリーの電圧が低いからなのでしょうか……weep
充電はしっかりやった筈のなですがね…「また、無駄な出費なのかな~(´Д⊂グスン」

その③として タイカブラでもやってみようと放り投げたらリーダーに繋いでいなかった。
そのまま海に奉納です。crying
前日、〇〇屋に行ってみて驚きました。タイカブラって2,300円もするのがあるんですね。
一体何で出来ているのでしょうか??
こんなお値段ではアホらしくて買う気になりません。
次回までまた鉛溶かして自作する事にいたします。

Img_0013_2


そして極めつけのその④が根掛かりした息子がロッドを煽りまくった挙句、ポキリと……shock
全くドジの一言です。
隣で一応アドバイスをしては見たものの聞く耳など持ちやしません。
息子曰く「最悪な日やわ~」
それでも夕方から貴重なプチハタとプチメバルを使ってブイヤベースを作ってくれました。coldsweats01
「美味かったぞ!息子よ!(。>0<。)」

以上の通り悲惨な1日でしたが、唯一良かったのは元気な“ぶんぶん丸船長”のお顔を拝見出来た事と以前のオイル漏れが無くなったのを確認できたぐらいでしょうか??(weep

ついでにポチッとお願い↓
にほんブログ村 釣りブログ カートップボート釣りへ
にほんブログ村

息子よ「ファイト!

最近ではカロリーメイトのCM曲に使われており御存じの方も多いかと思いますがオリジナルは中島みゆきの名曲で一流アーティストもカバーする超名曲です。

現在はオリジナルの中島みゆきのバージョンは埋め込み不可能なので吉田拓郎バージョンをうpいたします。

>

|

« H2O+CnH2n+2と運動量の法則の検証 | トップページ | ひとつテンヤを作ってみた! »

釣り」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです~
あいかわらず、お子ちゃまにやさしい、おとうちゃまですこと(^^)

底もの狙いは、いなければ、すぐに移動ですよ。
となると、電動リールは必須です。
ブログに記載のあった、症状は間違いなく、バッテリーと結合する鰐口クリップの接触不良です。
電動リールで巻き上げようとすると、ふっと電気が消えそうになるんでないですか?
対処方法は、鰐口クリップをリング状の結合具に交換して、バッテリーのボルトで固定しましょう。
そうすると、竿が海中に落ちても大丈夫!
当方の電動リールはすべて交換済みです。

投稿: ぶんぶん丸船長 | 2013年7月22日 (月) 23時09分

本当にお久しぶりでしたね。happy01

>鰐口クリップをリング状の結合具

とありますが私も一応付けてはいるものの、こんな事出来る様なきがしないのですが……
今度お暇な時画像を送ってもらえないものでしょうか?
どうも必須アイテム見たいですね。
宜しくお願いいたします。気が向いた時で良いですよ。coldsweats01

投稿: pokebo | 2013年7月23日 (火) 08時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1216969/52555927

この記事へのトラックバック一覧です: 悲惨な釣行:

« H2O+CnH2n+2と運動量の法則の検証 | トップページ | ひとつテンヤを作ってみた! »